賃貸物件の初期費用の内訳

ネットカフェ難民、という言葉を聞くようになって久しくなります。ネットカフェ難民とは、住所不定でネットカフェに寝泊りする人々のことです。毎日寝泊りすると、1ヶ月で最低でも5~6万円にはなりますので、賃貸物件の家賃が払える額です。しかし彼らは自分の住まいを持たず、狭いネットカフェの1室で夜を明かします。 その大きな理由は、賃貸物件を借りるにあたって必要となるまとまった費用を準備できないからです。日雇い労働者の彼らには、毎日2千円のネットカフェ料金を払うことができても、何十万という賃貸入居に必要なお金を用意することができません。最近は敷金、礼金共にゼロといった初期費用を抑えた物件もありますが、それでも最初に1円も払わずして入居できる物件はありません。 主な初期費用の内訳を見ていきましょう。敷金、礼金のかからない物件でも、必ず要るのが不動産会社への仲介手数料、前家賃、火災保険料です。仲介手数料はその物件を管理する会社であればかかりませんので、探せばこれも節約することができます。しかし前家賃と火災保険料はどうしても必要になります。保証人がいなければ、保証会社へ支払う保証料も必要になるでしょう。鍵交換費用を負担することもあります。 初期費用を抑えるには、トータルでいくらかかるかを基準に比較することが重要です。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件で一生暮らしたい人は.